工事では壁に穴を開けるの?

「せっかく新居を建てたのに、フレッツ光を導入するための工事で、壁に穴を開けられるのは抵抗がある・・・」

このように考える方もいるかもしれませんが、
フレッツ光の工事では、基本的に壁に穴を開けることはありません。

では、どのように光ファイバーを部屋の中に通すのかを説明していきます。

一戸建ての場合

まず、光ファイバーは電信柱や屋根かから伸ばして家の中に通します。

家の中に通すときには、電話用の配管を使うケースが多いです。また、配管に空きがないときはエアコンダクト(エアコン用の通気口)などを通して部屋の中に入れることになりますので、壁に穴を開けることは滅多にありません。

しかし、どうしても部屋の中に光ファイバーを通すことができない場合は、相談の上で壁に穴を開けるかを決めることができます。

どの場所に開ければ良いかは、その道のプロである配線工事屋に任せておけば、問題ありません。穴も目立たないように開けてくれるため、気になることはないはずです。

マンション・アパートなどの借家の場合

基本的には、一戸建てと同じように電話用の配管や、エアコンダクトを通して光ファイバーを室内に通します。

マンションやアパートでは既にエアコンダクトが設置されている家がほとんどですので、壁に穴を開ける必要はほとんどありません。

しかし、どうしても穴を開けないといけない状況になったら、すぐに大家さんや管理人さんに相談するようにしてください。勝手な判断で家に穴を開けてしまった場合、退去するときに敷金などで穴を塞ぐお金を取られる可能性があります。

ちなみに、光ファイバーを部屋に引き込む際には、必要に応じて「光コンセント」を部屋の中に設置することになります。こちらは室内の壁を傷つけることなく設置することができるため、心配いりません。