フレッツ光の種類

「フレッツ光を利用したいんだけど、似たような名前があって、どれを選んで良いかわからない」
このような方も多いのではないでしょうか?

実は、フレッツ光のなかには以下の3つの種類があります。

  • Bフレッツ
  • フレッツ 光ネクスト
  • フレッツ・光プレミアム

いっけん、同じようなサービスに思えますが、実はサービス内容と提供している会社・地域が違うので注意が必要です。ここで詳しく説明します。

Bフレッツ

提供会社 NTT東日本・西日本
サービス内容 光ファイバーを利用したインターネットサービス(2001年8月より提供開始)

フレッツ・光ネクスト

提供会社 NTT東日本・西日本
サービス内容 光ファイバーを利用したインターネットサービス。次世代ネットワーク(Next Generation Network、NGN)を用いている。(2008年3月より提供開始)高品質で安定性を確保したひかり電話や、一部の地域では地上デジタルテレビの再送信が提供されている

フレッツ・光プレミアム

提供会社 NTT西日本
サービス内容 サービス内容/光ファイバーを利用したインターネットサービス。加入者網終端装置(CTU)が回線終端装置やVDSLモデムなどとは別個に提供される。(2005年3月より提供開始)
※ ひかり電話や映像配信サービスも利用可能

どのサービスを選ぶべきか?

ここで最も知りたいのが
「一体どのサービスを使うべきか?」ということですね。

結論から言えば、
フレッツ・光ネクストを第一候補として考えてください。

NTT東日本・西日本の両方で利用できる「光ネクスト」は、Bフレッツや光プレミアムが進化したサービスです。

そのため、光回線が届いている地域であれば、光ネクストを利用するのが最も便利です。

【補足】withフレッツって?

withフレッツとは、フレッツの加入にあわせて、プロバイダー契約も同時にできるお得なサービスのことです。

インターネットに接続するためには、プロバイダーとの契約が必要になるため、一緒に契約をしても損はありません。 むしろ、同時に契約することで利用できるお得なキャンペーンもあるため、withフレッツを利用することをオススメします。